別れのメール

 
メールの着信音が鳴り、涼子は携帯をポケットから取り出した。

『もう一度だけ、聞かせて。俺たち、もうやり直せないのかな?』

 涼子は、クラクラするほどの怒りを感じていた。
  今さら何を言っているんだろ、この馬鹿は…
  苛立たしくメールを打ち込む。

『いい加減にして。最後に会いたいって言うから出てきたのに。まだそんな事言ってるなら、このまま帰るよ』

 駅前の百貨店の前。
  ここは涼子と達夫、二人の出会った場所だった。
  今は一人。
  涼子は一人で、夕暮れの帰宅途中の人混みの中、立っていた。

 メールの着信音がして、ため息をつきながら涼子が携帯を見る。

『お前と別れるくらいなら、俺、死ぬ

 涼子は手早く打ち込んだ。

『しねば』

 待っていたかのように、すぐ返事が返って来た。

『一緒に死のう』

「もうイヤ!」 
  涼子はそう言って、スタスタと足早に歩き出した。

 途端、何かが一瞬太陽を横切り、すぐ後ろで大きく堅い音がした!

 振り向くと、そこには肉塊と化した達夫が転がっていた。

 達夫は、百貨店の屋上から、涼子目がけて飛び降りたのだった。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー