トイレ

そのカップルが別れ話をしているのは、傍目にもわかった。
  女性が別れ話を切り出し、男性が渋っているのだ。

 女性は少し困ったような表情で話をしており、男性はうつむいて、時折手で涙を拭いているようだった。

 バーテンの私は、ただ黙って近づかないようにしてあげる事しか出来なかった。

 しばらくすると、男性がトイレに立ち、女性が一人取り残される形となった。
  5分、10分と経っても男性は出てこなかった。
  イライラしている女性の携帯が鳴り、女性が耳に押し当てて、怒った口調で話し始めた。

と、女性が立ち上がり、こちらにやってきた。
「すいません」
  女性が私に声をかけてきた。
「連れがトイレから出てこないんですけど。見てきてもらえますか?」
「ああ、いいですよ」

  私はそう返事をして、紳士用トイレに向かった。

 男性は小便器の前にはおらず、洋式便器のブースに入っているようだった。
  ブースの下を見ると、つま先立ちしたスニーカーが見える。

 私はトイレから出て、女性に言った。
「どうやら、用を足してるようですけど」
「ええ、でも、さっきからずっとしてるみたいなんです」

  女性はそう言って、携帯電話を差し出してきた。
「え?」
「いえ、彼とつながってるんです。ずっとオシッコの音が聞こえてて…」
  私は携帯に耳を当てると、確かにオシッコをしている音が聞こえてくる。

「私、わからないんですけど、男性ってこんなに、あの、長いものなんですか?」
「いえ、さすがに10分以上というのは…」

 私はもう一度、紳士用トイレに入って、ブースをノックした。
「お客さん、お連れ様がお待ちですよ」
  そう呼びかけて耳を澄ますと、やはりチョロチョロという小便の音が聞こえて来る。

「お客さん?返事をしてください」
  応答はない。
  ただ、小便の音だけが延々と聞こえてくる。

「お客さん、開けてください」
  返事はない。

「開けますよ。いいですね?」
  私はそう言って、泥酔者を運び出すためのカギを取り出して、ブースを開けた。

 男性は首を吊って死んでいた。

 ちょうど足が床に着くギリギリの高さでぶらさがっていた。
  飛び出した目玉と、鼻の穴、口から流れ出る血液が、チョロチョロと便器へと滴り落ちていた。
  その手には、しっかりと携帯電話が握られていた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー