たたり

一種異様な雰囲気に包まれていた。

辺りは、土木重機などで地面が掘り返され、土がむき出しになっていた。
その一画だけが、ぽつんと取り残されている。
草が生い茂り、細長い鳥居と小さな祠。
祠には「正一位 稲荷大明神」と彫られていた。

その祠を前に、作業員たちは立ちつくしている。
「ほ、本当にやるんですか?」
「こういう場合って、神主とかに頼んで移転してもらうんじゃ…」
「何かバチが当たりそうで」

現場監督は震えが来るのを押し殺して、怒鳴り声をあげた。
「さっさとぶっ壊せ!やらねぇと、バチよりも怖いクビが待ってっぞ!」
作業員は渋々と動き出し、ついに重機で祠を破壊した。
古い造りのモノだったらしく、ほとんどが木造で、くしゃりと簡単に祠は潰れた。
鳥居もへし折られ、ゴミとして山に積まれた。

現場監督は、苦々しい顔で携帯電話を取り出した。
「社長。やりましたよ」

 

銀誠建設の社長、林田重三は携帯を耳に当てながら、返事をしていた。
「祠を一個取り壊したくらいで、電話をかけてくるな!」
そう言うなり、返事も聞かずに通話を切った。
「馬鹿馬鹿しい…」
  つぶやくと、椅子をくるりと回した。
  社長机の背後にある大きな窓からは、大都会東京が見えた。
  その大都会の礎を作っているのが、私たち建設業者なのだ。
  未来を作るためには、小さな過去など潰してしまわなければならない。
  古い迷信などは、その最たるモノだ。

 

異変が起こり始めたのは、その次の日からだった。

 林田重三の、5歳になる孫、重治が夜中に泣き叫ぶのだった。
  重三の娘である林田理恵が部屋にかけつけると、重治は引きつったような泣き声を上げていた。
  そして、「ワンワンがくる、ワンワンがくるよぉ」と言うのである。

 翌朝、重三の耳にも入ったが、「単に怖い夢を見ただけだろう」と取り合わなかった。

 しかし、次の日も、その次の日も、重治は夜中に泣き叫び「ワンワンがくる、ワンワンがくるよぉ」と言い続けるのだ。もちろん、家に犬など飼っていない。
  理恵は、婿養子である夫の繁雄に相談してみた。
「部屋を換えてみたらどうだろう?」
  林田家の屋敷は大きく、部屋は腐るほどある。
  さっそく、ベッドを別の部屋に移動させて、次の日からその部屋で寝かせるようにした。

しかし、異変は止まらなかった。
  それどころか、悪化してしまったのだ。
  夜中に泣き出す重治は、今度は「手が痛い」「足が痛い」と言いだし、「ワンワンが噛むよぅ、ワンワンが噛むよぅ」と言い出すようになった。
  そして、現実に重治の手や足には、うっすらと赤い噛み痕のようなモノが残っていた。

 その頃には、繁雄の耳にも、義父の重三がお祓いもなしに稲荷の祠を壊した話が入ってきた。
  しかし、婿養子で会社の重役に座らせてもらっている繁雄には、何も言えなかった。

 霊媒師を呼ぼうかという話も出たのだが、人一倍世間体を気にする重三がそれを許すはずもない。
  それに、繁雄自身も、いまいち「タタリ」などと言うモノを信用していなかった。
  第一、祠を壊した作業員や、もしくは現場監督、実際に命令した義父の重三。彼らこそが祟られて当然なはずだ。
  なんの罪もない重治に、キツネが憑くはずもない。

 繁雄は「とにかく夜中に何が起こっているのか調べよう」と、ビデオカメラを重治の部屋に設置した。
  ハードディスク内蔵の12時間以上は楽に録画出来るタイプだ。
  これを回しておけば、夜中に何が起きているのか判明するかも知れない。

そして、次の日の夜中。
  やはり、重治は大声で泣き叫んだ。
「ワンワンが噛んだ!ワンワンが噛んだ!」
  繁雄はすぐに妻の理恵とともに、重治の部屋に飛び込んだ。
  そこには手から血を滴らせている重治が居た。

「くそ!」
  思わず叫びながら、繁雄はビデオカメラを外し、理恵と二人で液晶画面で夜中の映像を見た。

 そこには、四つん這いで孫の手を噛む重三の姿が映っていた。


 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー