高木有人(たかぎゆうと)くんが笑顔を見せたのは、何カ月ぶりだろうか…

 確か、8カ月前にお母さんが失踪してから、ほとんど笑顔を見せなくなっていたのだ。 小学一年生では仕方ないだろう。
  その有人くんが久しぶりに笑顔で、理科の授業に参加している。

 担任の金井由里は、朝顔の種を一人3粒ずつクラス全員に渡していた。
「今渡したのは、です。これを土に埋めて、しばらくすると双葉が出来て、それから茎が伸びて、花を咲かせます。これからの夏休みには毎日、日記をつけて、夏休みが終わる頃には先生に見せてもらいます。いいですか?」
「はーい!」
  有人くんが元気よく手を挙げた。

 思わず有人くんに歩み寄って、由里は話しかけた。
「朝顔好き?」
「…だから、お父さん」
「有人くん?」
  はっと我に返った有人くんは、満面の笑顔を由里に見せた。
「お母さんが帰ってくる! お庭からお母さんが帰ってくる!」

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー