悪魔召喚

「え、なにコイツ」
「これが、悪魔?」

 清美と翔子は、深夜の体育館で呆然としていた。

 二人の前の床には、チョークでかかれた魔法陣があり、正確に配置された蝋燭が13本ならんでいた。
  すべて本に書かれた通り、間違いなく悪魔召喚の儀式は行ったはずだった。
  バイト先の古本屋で手に入れた、気味の悪い革張りの本。表紙には日本語で「魔界大全」
  著者は、「STクラウン」と書かれていた。
  いかにも、ソレっぽい本だった。

なのに、今、魔法陣の中に立っているのは、どっからどう見ても人間だった。

 それも、小汚い服を着たホームレス。
  おどおどして辺りを見回したり、二人の女子高生を見たりしている。

「どっかから入って来た?」
「うーん、ドアには全部カギをかけたはずなんだけどな」

 清美は苛立たしげに、ホームレスに声をかけた。
「ちょっと、アンタ」

 その声に、ビクンと体を震わせるホームレス。
  怯えた目で、清美を見上げている。

「アンタ、悪魔?」

 ホームレスは、キョトンとした顔で清美を見つめている。

「ちょっと、聞いてんだけど」

 興味をなくしたように、辺りを見回しているホームレス。

「アンタねえ、こっち見なさいよ」
「ちょ、ちょっと、清美、イライラしすぎだよ」
「なんか、コイツ見てるとイライラしてくんだよね」
「それより、さっさと魔法陣から出てってもらって、もう一回やってみようよ」
「そだね。魔法陣書くのに3時間もかかってんだから、これじゃ終われないよね」

「ねえ、ちょっとアンタ、悪いけど、ここから出ていってくんない?」

 まるで清美の声が聞こえないかのように、キョロキョロするホームレス。

「聞いてないよ、アイツ」
「しょうがない、線踏まないようにして、アイツ引っ張りだそ」

 二人の女子高生は、つま先立ちで魔法陣の中に入って、ホームレスの肩口を掴んだ。
  ねっとりと湿った布の触感。

「きたね」
「ちょっと、さっさと出てよ、ほら」
「あ、こいつコケやがった」
「やめてよ、この魔法陣書くのに3時間かかってんのよ。消えたじゃないのよ」

 転んだホームレスを、清美が蹴り上げた。
  ギャッと蛙のような悲鳴があがる。

「ギャ、だって。あはは」
「まじキモイね」
「翔子も蹴ってみ。ちょっと気分いいよ、男の人蹴るのって」
「うわ、清美女王様?」
「あはは、ほら、またギャだって。」
「ホントだ。ちょっと気分いいかも」
「泣き出したよ、コイツ。なんか、ムカつく」
「顔蹴ってみよ」
「丸くなってやんの」
「踏んだら、どうなるかな?」

「目に入れてみようよ」
「汚いな、こいつの血」
「くそ、汚いんだよ、チビりやがってよ!」
「なにこれ、骨?」
「ピクピクしてやんの」

「骨って、案外簡単に折れるんだねえ」
「ビクンだって」

「動けよ、もっと」
「もっと、踏んでやるよ」

「もっと泣けよ」
「もう声でないの?もっと悲鳴出しなよ」
「もっと」
「もっと」

 翌朝、体育館の扉が開いた。
  そして、女子高生の姿をした二匹の悪魔が、この世に解き放たれた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー