サンタクロース

 静まり返った住宅街。
  夜も7時になるととっぷりと夜闇に沈み、外灯の下にはちらちらと雪が舞っているのが見える。
  ホワイトクリスマス。
  留美菜は最近小さくなり始めたランドセルを、肩にずり上げながら、てくてくと家に向かって歩いた。
  あ、ホワイトクリスマス・イヴか。
  学校から塾へ直行して、家に帰る時にはいつもこんな時間になる。
  それでも、両親はまだ帰っていない。
  二人とも忙しいって。
  留美菜は住宅街の一画にある、2階建ての我が家に帰り着いた。
  当然、窓からは光りは漏れておらず、玄関も締め切られている。ポケットから鍵を取り出して、いつものようにいつもの場所に鍵をあてがった。
  開いてる…
  お母さんか、お父さんだろうか…
  いや、それなら電気は点いてるはずだし…

 留美菜はゆっくりと玄関を開けた。手袋の中からでも、妙に扉が固く冷たく感じる。
  家内は真っ暗だった。
「お、おかあさん?」
  震える声が、冷たい壁に当たる。
  電気のスイッチは奥の壁にあるはず。
  留美菜は手袋をはずして、そっと壁に手を沿わせながら奥へと歩いた。
  土間の段差でズックを脱いで、ランドセルを足元に置く。手はずっと壁に触れたまま、ゆっくりと奥へと進んでいく。
  真っ暗な空間でも、毎日住んでいる家だ。何もかも分かっている。
  右手が壁を擦るズルズルという音、あと小さな自分の足音だけが聞こえる。
  右手に額縁が触れる。赤い花の絵で、ある日突然お母さんが買ってきたモノだ。右手は額縁の下辺をなぞり、再び壁に触れていく。
  もうすぐ。
  もうすぐ右手に、お父さんの書斎のドアがあり、その先に突き当たりの壁があって、電気のスイッチがある。
  右手で壁に触りながら、左手を前に伸ばして、突然壁にぶつかってしまうのを防ぎながら歩く。
  ズルズルズル…と右手で壁を擦る音。
  暗闇に伸ばす左手。
 
  と、右手がお父さんの書斎のドアに触れた。
  このドアを通り越して、3歩くらいのところで廊下は左に折れている。
  右手がドアの間口を触り、そして空を切った。
  ドアが開いてる!
  留美菜の中に初めてどす黒い恐怖感が沸き起こった。
  お父さんは整理整頓好きで、ドアは必ず閉めている。開けっ放しのはずはない。
  一度、口の中に湧いたツバを飲み込んで、小さく呼んでみる
「お、お父さん…」
  返事はない。

 電気を点ければ、全部わかるんだ。
  留美菜は右手も左手も伸ばしたままの姿勢で、歩き続けた。
  右手にも左手にも触るモノがなく、少し不安だが、大体の位置はわかってい…
右手が人の顔を撫でてしまった。
「ひぃっ!」
  思わず手を引っ込める。
  今触ったのは絶対人の顔だ。それも男の人。短いヒゲの感触が右手に残っている。
  でも、誰?
「お、お父さ…ん…」
  返事はない。
  誰?
  絶対おかしい。
  だって、私の右手の高さでヒゲを生やした男の人ってことは、その男の人はわざと顔を触らせるために、暗闇にしゃがんでいたか、顔を前に突き出していたということだ
  サンタクロース…
  もう信じてる年齢じゃない。
  でも、お父さんか誰かが、こっそり隠れていて私を驚かせようとしてるのかも。
「お、お父さんよ…ね」
  返事はない。
  そっと右手を伸ばす。
  さっき触ったはずの顔がなくなっている!
  すぐ近くにいるの?
  留美菜は全身の毛が逆立つのを感じた。まるで、レーダーでも張っているように、ぞわりと総毛立った。

 ま、まずは電気を点けよう。
  そうすれば、全部わかるんだから。
  もう壁を触らなくても大体わかる。
  留美菜は左手だけを前に伸ばして、そっと歩を進めた。
  すぐに壁に触れる。
  右手を出して、壁の一画にあるはずのスイッチを探した。
  あった。
  スイッチを入れる。
  電気は点かない。
  な、なんで?
  突然、周囲の暗闇が敵意を持ったように感じる。
「も、もういいよ、お母さん、隠れてるんでしょ?」
  と言ってみるが、返事はない。
「こ、怖いよ…お母さん……」
  留美菜は泣きだしそうになりながら、言い続けた。
「お、おかあさん…」
「お母さん…」
「お母さん…」
「お母さん…」

 留美菜は幼児返りを起こし、暗闇の中でただただ呼び続けた。
「お母さん…」
「お母さん…」
「お母さん…」
「お母さん…」
「お母さん…」

 留美菜は悲鳴を上げて、壁にぶつかりながら、玄関を飛び出して行った。
  最後の「お母さん」は、耳元で聞こえた男性の声だったのだ。

 1時間後、近所の知り合いの家からの通報で警察が駆けつけた時には、留美菜の家は空き巣に荒されまくった状態だった。その空き巣の最中に帰って来てしまったのだった。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー