留守番電話

 
美沙は、部屋に帰ると、コートを洋服ダンスの中に入れた。
  古い洋服ダンスで、開けると

 ギイィッ。

 とちょっと気味の悪い音をたてる。
 
  洋服ダンスの前にはパソコンのおいてあるデスクと、電話がある。
  パソコンはここ2週間ほど触ってもいなかった。
  少し前まで、ブログにハマっていたのだが、気味の悪い常連がコメントを残していくのがイヤで、ネットもパソコンとも疎遠になってしまった。
 
  美沙は、ギイィッと洋服ダンスの戸を閉めて、留守電の「確認」ボタンを押した。

『7件です』
 
「?」
  美沙は携帯電話を持っている。
  友人たちはみんな携帯にかけてくるはずだ。7件も留守電に録音されていたのは初めてだった。
  「再生」ボタンを押す。

『もしもし、いないの?ボクです、シオンです。たぶん君の家の近所です。
  ブログで写真をアップしてたでしょ?そこから割り出したんだ。凄いでしょ。
  電話番号も写真の奥のカレンダーに書いてあったのを、フォトショップでシャープかけたりしてさ。危ないよ、ああいう写真をアップするのは。とにかく会いに行くから。待っててね』

 美沙は部屋の中で凍り付いていた。
  アイツだ。
  ブログで、いつも嫌らしいコメントを残していく「紫音」とかいう奴だ。

『もしもし、まだ帰ってないんだね。もう大体の家はわかったよ。会えるのを楽しみにしてる。
  君もそうでしょ?
  そうそう、ミサって名前は本名だよね?』

 美沙は、戸口へ走ってカギを調べた。
  かかっている。
  窓は?
  大丈夫。
  留守電は続けて再生していく。

『もしもし、たぶん、ここだよね。君のアパート。
  「シティーパレスさつき」。
  ここだよね。
  まだ、帰ってないのかな。』

 アパートの名前がバレている!
  美沙はドアの覗き穴を覗いた。
  薄暗い廊下が見える。
  誰もいない。

『もしもし、まだ帰ってないの?
  本当はいるんじゃないの?
  えーと……あった。
  302号室だね。郵便受けに、ダイレクトメールが入ってたよ』

 もう一度、覗き穴を覗いた美沙は、電話機の前に戻った。
  恐怖に、体がこわばっているのを感じる。

『もしもし、302号室、君の部屋の前だよ。
  ドアベルを鳴らしても誰も出てこないね。本当にいないの?
  ドアの下の郵便受けって、はずれたりするんだよね。ちょっとやってみようかな』

 美沙はドアの方に目を走らせた。
  ドアの下の郵便受けは、無事だ。
  だけど…、確かに、あの郵便受けはよくはずれる。
  まさか……

『もしもし、やった、ここだ。
  この部屋だよ。ブログで写真見たもん。
  ああ、ミサ、君のニオイがする。このベッドでいつも君は寝てるんだね。
  凄く、興奮して来ちゃったよ。たまんない……』

 美沙はベッドを見た。
  もちろん、今は誰も居ない。
  だけど、どれぐらいか前に、このベッドの上にアイツが?
  アイツが部屋に入った?

『もしもし、ミサ。君はいつ帰ってくるんだろう。
  帰ってくるまで待っていてあげるよ。
  ずっと、ずーーーっと、いつまでも待ってるから  ギイィッ

 その最後のメッセージの再生が終わったと同時に、美沙の背後で音がした。

 ギイィッ。

 美沙はとっさに電話機をつかみ、振り返りざまに電話機を振り下ろし、悲鳴を上げて部屋を飛び出した。

 
  数分後、美沙の通報で駆けつけた警察によって、部屋で気絶していた太った男が逮捕された。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー