リフォーム詐欺

 
簡単だった。
  本当に簡単なババアだ。
  俺は頭の中で、この川辺ヨシというババアから、幾らふんだくれるか目算をしていた。

 俺を良い話相手だと思ったのか、ババアは身の上話をペラペラとしゃべった。
  同居人は無し
  家族は、「川辺マコト」という息子がいるが、今は音信不通。
  話の感じでは、借金を作って逃げている感じだった。

 さらに都合の良い事に、ババアの家は、山の麓の一軒家で、余計な世話を焼く隣人なぞは居ない。
  なんだったら、ババアを絞め殺して金を奪っても、悲鳴一つ聞かれないだろう。
 
  そしてなにより、わざわざ見せてくれた預金通帳には、ゼロが7ケタも並んでいた。

 まさに、「美味しいカモ」って奴だ。

「縁の下をちょっと見せてもらえますか? 空気の通りとか、湿気の具合とか見てあげますから」
  俺がそう言うと、
  ババアは嬉しそうに「ありがとう、ありがとう」と言って、外へ案内した。

 縁の下へ入るのは、家の裏手の足元。
  小さな金網状の通気口があった。
  蝶番のある、開閉可能なタイプだ。
  なんでもかんでも、簡単に出来てやがる。

「ちょっと待っててくださいね、すぐ済みますから」
  俺はそう言って、四つん這いになると、通気口を開けた。
 
  やる事は決まっている。
  適当に縁の下を這い回ってから、「水がしみ出してるから、このままだと家が腐り始める」とかなんとか言ってやるのだ。
  あとは、俺の言いなりに、ババアは金を吐き出すだろう。

 俺は薄暗がりの中を這い回って、「あらら」などの声を、ババアに聞こえるように口に出していた。

 その時だった。
  通気口の扉が閉じられた!
  見ると、ババアが金網に錠前をかけてやがる!

「お、おばあさん、何をしてるんですか!」
「もう行かないでおくれ…」
「な、なに?」
「マコト、もう行かないで…」

 こ、このババア、俺を息子と間違えて、閉じこめるつもりだ。

「ババア、なにボケてやがる! 俺は、お前の息子なんかじゃねえ!」

 叫んで通気口を開けようとしたが、すでに鍵はかけられていた。
  金網は揺すってもビクともしない。
「ババア、出せ、コラ!」
「マコト…」
  ババアはそうつぶやきながら、行ってしまった。

 くそくそくそくそ!
  しくじった!
  俺は、なんとか逃げだそうと、縁の下を這い回った。
  もう一カ所ある通気口は、埋め込みタイプで開ける事は出来ない。

と、四つん這いになっている手が、何かを踏んだ。
  土ではなく、布の感触だ
  掴んで土の中から引き出してみると、それは背広だった。

  しかも、腐臭が漂う肉が包まれていた。

 あのババアの狂気は、今に始まった事じゃなかったんだ。
  俺の前にも被害者がいて、そして…、脱出する事は出来なかった…

頭上で、ミシリ。と音がした。
  ババアが家に戻った音だ。
  床板が思ったより薄いらしく、家の中の音が聞こえる。

「ババア、出せええええ!」
  叫んで、頭上の壁を殴りつけるが、もちろん壁を壊せるほどじゃない。
  なんとか、あのババアの狂気が覚めてくれるのを待つしかないのだ。

『もしもし』
  ふと、ババアが電話をかけている声が聞こえて来た。
  俺は、何か脱出のチャンスがないかと、耳を澄ませた。

ちゃんと捕まえたよ。うん、うん。終わったよ』
 
  俺の事を話している?

『うん、ごめんよ。今回の人はあんまりお金を持ってなかったよ。5万3千2百円が入ってたよ』

 くそ、そういう事か!
  あのババア、狂ってなんかいなかったんだ。

『これで、貯金は1千4百万円になったよ。マコト、借金はこれで返せるだろ?帰って来ておくれ』

 マコト…
  そうか、息子のマコトが、裏でババアを操っていたんだ。
  だまされた!
  だまされた、だまされた、だまされたああああああ!!!
 
  俺は、思わず手に持っていた土まみれの背広を投げつけた。

 ぽとり。と背広から何かが落ちた。
  免許証だった。
  薄暗がりの中でも、名前は読めた。

川辺 誠

 あのババア、やっぱり狂ってやがる……

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー