お釣り

千佳がトイレを済ませて、ユニットバスから出た途端に、ドアホンが鳴った。
部屋に居るときであれば、インターホンを取るところだが、玄関はすぐ左手にあった。

インターホンを取る代わりに、ドアスコープから覗くと、見覚えのある宅配員が立っていた。
30歳くらいの太った男性で、いつも着払いのお釣りのお札がねっとりと濡れている。
「汗っかきなものですいません」
と男が申し訳なさそうに言った事がある。

また、着払いの商品が届いたんだな。

財布を取りに部屋へ戻ろうとした時だった。
ドアスコープの向こうの男が口を開けた。その口から糸をひいて千円札が出てきた。

ドアスコープの前で、千佳は動けなくなっていた。

その後、30分以上もドアホンを鳴らし続けた男は、舌打ちをして帰って行った。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー