におい

「あの娘のにおいがするのよ」

  私の前で、沙耶が言った。

あの娘」が誰かは分かってる。
  沙耶から彼氏を寝取った、三谷有紀だ。
  あの娘は、きつめの香水を付けていて、部屋から帰った後でもその娘の存在が分かるほどだ。

 でも、今はそんなはずはない。
  そんなにおいがするはずがないのだ。
  なぜなら、あの娘は自殺したのだから。

 沙耶と男を取り合った末に、(わざと)沙耶と男のベッドシーンを見せつけられた有紀は、そのまま部屋を飛び出して、遮断機の下をくぐった。
  死体は粉々で、鉄道員たちがスコップで肉片を拾い集めていたのを目撃している。

「もしかして、同じ香水付けてない?」
  と沙耶。
「なわけないでしょ」
  と私。
「そうよねぇ…」と言いつつも、沙耶は私の体をクンクンと嗅いでいく。

「気にしすぎじゃない? ほら、あんな事になっちゃった訳だし」

「違うのよ。本当に臭いがするの。わからない?」

 私はしばらく鼻を上に向けて、部屋の中の空気を吸い込んで見た。
  沙耶のシャンプーの臭い、壁や床からの塗料の臭い、あとは、人の臭い…
「あの娘の臭いなんかしないよ」

「そんなはずない!こんなに強くするのに!」

 沙耶は犬のようにクンクンと部屋中の臭いを嗅ぎ回る
「ここも。ほら、ここも。ここも臭う。ここもここも、ここも!」

 私はちょっと沙耶について行けなくなっていた。
  有紀が死んでから3ヶ月、会うとずっと「あの娘の臭い」の話だ。
「ね、私、帰るから」

「待って!」
  沙耶が台所で叫んだ。いつの間にか、右手に出刃包丁を握っている。

「わかった!わかったよ!臭いの元が!」

  そう言うなり、沙耶は自分の顔に包丁を突き立てた。
  悲鳴と、ごぼごぼという液体音と、コリコリという堅い音が沙耶の両手の間から聞こえる。

 私は悲鳴を上げつつ、沙耶から目を離せなくなっていた。
  沙耶の両手が真っ赤に染まり、指の間からドブドブと血が噴き出して、服を真っ赤に染めていく。
  そして、ぼとり。
  小さな肉塊が床に落ちた。
  真っ赤な肉の塊。
  それは、沙耶の鼻だった。

 一週間後。
  病院にお見舞いに行った私に、沙耶は包帯の向こうから微笑んで見せた。
「鼻が臭かったんだもん。におうはずだよね」

 病院で、2回の自殺未遂をした沙耶は、今は向精神薬剤でいつも陽気でいる。
  病室には鏡は一枚も無かった。 

 

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー