「…ねぇ」

「…ねぇ」

「え?」
  奈津実は振り返った。
  誰もいない。
  そこには、いつもの夕暮れの帰り道があるだけだった。
  夕日の中に、立ち並ぶ団地。
  遠くには、買い物帰りの親子や、自転車で遊ぶ子供たちが見えるが、そばには誰もいない。
  じゃあ、誰が声をかけたのだろう?

 奈津実は寒気を感じて、コートの襟を寄せた。
  そう言えば、この団地は飛び降り自殺が多発していると聞く。

「…ねぇ」

 まただ。
  奈津実はキョロキョロと辺りを見渡した。
  すると、団地の屋上、自殺防止フェンスの上に人影があるのを見つけた。

 夕日の逆光の中でも、小さな女の子の影だとわかる。
  女の子が、フェンスの上に腰をかけて座っているのだ。

「あぶない!」
  とっさに叫んだ奈津実は、助けを求めて辺りを見回すが、やはり近くに人はいない。
  奈津実はすぐに、女の子のいる棟に向かって走った。

 団地は5階建てで、エレベーターが付いていた。
  すぐさまエレベーターに乗り込み、『R』を押す。
 
  焦らすようにゆっくりとエレベーターが閉まり、上がっていく。

 屋上に着き停止したエレベーターから飛び出すと、奈津実は目の前の鉄の扉を押し開けた。

 屋上。
  正面のフェンスの上に、女の子が向こうを向いて座っているのが見えた。
  夕日の中で、おかっぱ頭の後ろ姿が見える。服は、赤いワンピースのようだ。

「ちょっと!」
  奈津実は聞こえる程度の大きさで、そう声をかけた。突然な大声は危険だと思ったのだ。
 
すると、
「…ねぇ」
  と声が聞こえた。
  あの声は少女の声だったのだ。

「声、かけてくれたんでしょ?ここから」
  そう言いながら、奈津実はゆっくりとフェンスの少女に近づいた、

「…ねぇ」
  少女の声がする。
「そう、上からそう声をかけてくれたのよね?」
  奈津実は問いかけたが、少女は振り返らずに何かを喋っている。

 フェンスまであと5歩ほどの所まで来た。

「……ねぇ」
「なに?そこじゃ聞こえないわ。こっちに来てお話しましょ?」

 あと4歩。

「…ぇ……ねぇ」
「なに?ね、降りてきて」

 あと3歩。
  フェンスは大体胸の高さくらいだろうか。
  その上で少女は足をブラブラさせて、独り言をつぶやいている。

「……え……ねぇ」

 あと2歩。
  奈津実は声をかけるのを辞め、静かに少女に近づいていく。

「…えも……ねぇ」
 
  あと1歩。
  もう手が届く。
  奈津実は、素早く両手で少女の左腕を掴んだ。
  その奈津実の手を少女が掴み返す。
  くるりと少女が振り向く。

 少女の顔の右側は、グシャグシャに潰れていた。
  唇の無い口が大きく開く。
「おまえも、しねえぇぇぇぇぇぇぇ!!」

 驚くヒマもなく、奈津実の体はフェンスを乗り越えて真っ逆様に落下し、地面に叩きつけられ、スイカのように頭蓋骨が炸裂した。

 

「警部、やっぱり上にも遺書は見つかりませんでした」
「遺書の無い自殺が、今年だけで15件か…いくらなんでもなあ」
「他殺でしょうか?」
「でも、一人で団地に入って行ったのを目撃した奴がいるんだろ?」
「ええまあ」
「…ねぇ」
「ん? お前なんか言ったか?」
「いえ、なにも?」

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー