帰って来た女2

  香苗の身辺に、ロングコートの女の影が付きまとっていた。

 ある時は駅の改札口の陰に、ある時は住宅街の塀の横に、ある時はアパートの前の電柱の陰に。
  真っ赤なロングコートにツバ広の帽子の女の姿が、あちこちで見られるようになっていた。

 警察に通報したのだが、実際に何かが起こるまでは動けないという。
  とりあえず、巡回強化はしてもらえたようだが、ロングコートの女の姿は、警察官が居ない時に限って現れるのだった。

 会社の同僚である三好恵子に相談してみると、
「さっすが香苗、女のストーカーにまで追いかけられるようになったか。美人すぎるのも辛いわね」
  とまるっきり他人事だ。
恵子、真剣なんだって! カッターナイフだよ、血まみれの
「ごめんごめん。それなら、ほら、いつもの手を使ってみれば? 男も女もストーカーには効くでしょ」
「いつもの、同棲してる風にするヤツ?」
「そそ。男物のパンツを干したり、大きな声で『行ってきまーす』って言って部屋を出たりさ」
「相手が女でも効き目あるのかなぁ」
「とりあえず、ボディガードが居ると思えば、襲っては来れなくなるでしょ」
「うーん、やってみるけど…」

 その日の帰り道、男物の下着を買い込み、スーパーでは多めの食糧を買った。
  さっそく窓の外に、その下着を干すことにした。
  さらに、いつも部屋の電気は点けっぱなしにしておき、部屋を出る時は大きな声で「行ってきまーす」と言ってから出た。
 
恵子、私、なんか寂しい女みたい…」
「あはは、いいのいいの。たまにはモテナイ女の辛さを味わいなさい。それとも、彼氏をソッコーで作る?」
「いやよ、このために彼氏作るなんて」
「だったら、妄想彼氏を続けなさい」
「うん…」

 そんな架空の同棲生活が2週間も続いたある朝。
  香苗はひどい気分で目を覚ました。
  悪い夢を見たのだ。
チキチキチキチキチキチキ…という音と共に、カッターナイフを持ったロングコートの女に追いかけられる夢だった。どんなに走っても走っても、ぴったりと背後に付いてくる女。まさに悪夢の女だった。

 それにしても、最近はあの女の姿も見なくなったけど、なんで突然、こんな夢をみたんだろう……
  香苗はふと妙な感覚に気づいた。
  あの音、チキチキチキチキという金属音。
  あの音は本当に夢の中の音だったのだろうか? 実際に聞こえていた音に、夢が追随しただけなのかも…

 まさか、ね。
  香苗は嫌な気分を振り払ってベッドから出ると、洗面所に向かった。 
  そして、鏡を覗き込むと不思議なことに気づいた。

 赤い線が付いている。
  首周りに赤い線が、ぐるりと一周付いているのだ。
  その線に触れるとチクッとした痛みがある。何かで引っかいた跡だろうか?
  香苗は首を傾げながらパジャマを脱いだ。
  チクッとした痛みが、胸にも走る。

 自分の体を見下ろした香苗は、恐怖で立ちすくんでいた。
  裸の胸から腹にかけて、「ウソツキ」と赤い線で刻みつけられていた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー