マキエ8

1月16日金曜日 夜8時19分。
  渋谷スクランブル交差点。
  住み処を替えようとする動物の群れのような人ゴミが、悲鳴と怒号に包まれていた。
  人々は悲鳴をあげ、子どもは突き飛ばされ踏みつけられ、腕や足を人に踏み折られる子どもまで居た。恐怖の連鎖が起こり、恐怖の対象もわからずに必死で逃げまどう男女が、目の前の邪魔な他人を突き飛ばし、踏みつけて走っていく。
  交差点を満たしていた人間の群れは、肉食獣に追われたかのように我先に逃げた。
  叫び声と、怒声、泣き声、断末魔の声、それらが人のむせ返るような臭いと渾然となって、周囲に満ち満ちていた。
  うまく逃げた者、何かの撮影だと思っている者、よく事態を理解していない者が、携帯やデジカメのフラッシュを光らせている。
  建物内部にいた人間たちからも、写真撮影のフラッシュが光り、上の方から見下ろしていた者の目には、静かな水面に突然大きな岩を投げ落としたような、交差点中央から逃げまどう人間の波が見えた。

30分前。
  美貴詩織は黙って、渋谷を歩いていた。
  美貴は、詩織の盗み見た。
  会った時からそうだが、「頭が痛い」と言って片手で左右のこめかみを揉んでいる。
  こちらから見た感じでは、痛みに耐えているようには思えなかった。詩織には表情がなく、ただ真っ直ぐ前だけを見て、歩いていた。
「大丈夫?」
  何回目かの同じ質問を、詩織に投げかける。
「…うん、大丈夫」
  こちらを見ることもなく、ただ真っ直ぐ前を向いたまま、詩織が答える。
「生理のせい?」
  親友と一緒だと言うのに、週末の友人たちとの飲み会だと言うのに、美貴は居心地の悪さを覚えていた。周りには楽しそうな人込みがあふれ返っている。
「ううん…大丈夫…」
  人込みの騒音の中で、消え入りそうなほどの声で詩織は返事をする。
  顔はじっと前を向いたまま。
  歩く速度も落ちない。
 
  ポケットの中の携帯電話が振動しながら、着信音を鳴らした。
「あ、敬子から」
  美貴はそう言いながら、携帯電話を耳に当てた。
  詩織は返事もせずに、じっと前を向いて歩いている。
『今、どの辺?』
  敬子の声だ。
「うん、今、詩織と一緒に。マルキュー近く」
『交差点の付近?』
「もう交差点を渡るとこだよ」

『あ、そんじゃ、すぐ近くに居るんだね。私も交差点に入ったところ』
「うそ、どの辺?」
『一応、真ん中目指して歩いてるけど、人多いからここでは会えないっしょ』
「わかんないよ、案外見つけられるかも」
『詩織と二人なんだよね。こっちから見つけられるかな』

「それなんだけど、会ったときからずっと詩織が調子悪いんだよね。飲みは駄目かも」
『うっそ、マジ? ちょっと詩織に代わって』
「う、うん、いいけど」

  美貴は携帯を差し出しながら、詩織に言った。
「敬子から。代わってって」
「私…いい…」

  相変わらず前だけを見たまま、ぼそりと返事をする詩織
  こちらからは左顔しか見えないが、ネオンや街灯に照らされる顔には生気がなかった。
  美貴はぶつかって来る人波を避けながらも、詩織から離れないように交差点の真ん中辺りまで歩を進めた。
「ごめん、詩織、代わりたくないって」
『み、美貴、それ、詩織じゃない、逃げて早く逃げて!』

  突然、敬子の絶叫が携帯から聞こえた。
  その途端だった。周りに群れていた人々が、美貴詩織を見て恐怖の叫び声をあげた。
 
  騒然となった交差点の真ん中に、美貴詩織だけが取り残されていく。
  周りは恐怖の固まりとなって、二人から離れていく。恐怖と、奇異と、好奇心の視線が刺さるように集中する。
  美貴は事態が掴めず、自分たちから逃げまどう人々を見た。
  隣りを見ると、相変わらず前を向いた詩織が静かな顔をしている。

 なにが、どうなっているの?
  わからない。
  何かが起こっている。
  だけど、なにが?
  私たちに何かあるの?
  あ、向こうで携帯持っているの敬子だ。なんで、そんな目で見るの?
  携帯から声が聞こえる。

『その女から、逃げて!」
  その女?
  美貴は唯一近くに居る人間、詩織を見た。
  詩織から逃げるってこと?
  詩織はじっと前を向いているだけで、おかしな点はない。おかしいと言えば、無表情なところだけだ。
  こめかみを押さえていた手も降ろして、立ち尽くしている。
「し、詩織、わかんないけど、逃げよう!」
  そう言って、詩織の左手を掴もうとした美貴の手を、逆に詩織の手が掴んだ。
し、詩織?」
  詩織の無表情の横顔に言う。

 瞬間。
  フラッシュと、喧騒と、悲鳴が不思議と遠くなった。
  まるで時間が急にゆっくりと流れるように見える。
  その中で、詩織の声が聞こえてくる。
「ごめん、顔の右側、もう剥がれちゃった」
  そう言って初めてこちらを向く詩織の顔を見て、美貴は絶叫し、逃げようとしたが手を掴まれている。
  チキチキチキチキチキチキチキチキチキチ…
  暗闇に沈んでいく美貴の耳に、詩織の声が遠く聞こえてくる。
「あなたのちょうだい」

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー