マキエ7

 私がコートの襟を立てたのは、秋の夜気のためばかりではなかった。
  うなじに蜘蛛の糸が貼り付いているような、不気味な雰囲気。

 私はバスを降りるなり、素早く通りに目を走らせた。
  おかしな影はない。
  街を行く人の中には、あの女の姿はなかった。
  最近、身近で目撃されるあの女。長いコートに、顔を隠すような大きい帽子、そして、顔の半分を覆うマスク。
 
  私は暗い路地へと入っていった。
  コツンコツンと自分のヒールの音だけが、住宅街に響いている。
  私のアパートは住宅街の奥、かなり薄暗いところに建っている。
チキチキ……チ…チキチキ……
  耳に金属音が聞こえる。
  私はポケットの中の手を握りしめた。
  素早く周りを見渡すが、おかしな影はなかった
  気にしすぎだと自分に言い聞かせる。

 私は暗い路地を抜けて、アパートへと帰り着いた。
  アパートとは言っても、かなり高層建物でエレベーターが完備されている。一階にはコインランドリーが24時間開いており、家賃もなかなかの値段だった。
  私は夜闇から抜けるようにして、コインランドリーの明かりの横を通り抜けた。すぐに5階のボタンを押すと、音も無く扉がしまる。
  チ……チキチキ…チ…キ……

 5階で降りてすぐに、自分の部屋に飛び込む。
  今日はあの奇妙な女の姿はなかった。いや、元々私を追いかけていた女ではなかったのかも知れない。たまたま近くに住んでいただけ…
  さ、そういえば、洗濯物が溜まっていたんだった。
  私は帽子を脱ぎ捨てると、衣類の入った洗濯カゴを抱き抱えて、コートのままで部屋を出た。
  エレベーターは、誰も乗らなかったらしく5階で止まったままになっている。
  すぐに扉が開き、私はエレベーターへと乗り込み、すぐに1階のボタンを押す。

 何階にも止まらずに、エレベーターは1階に到着した。
チ………チキ……チ……
  周りを見渡すが、人の気配はない。
  私は素早く走ってコインランドリーに飛び込んだ。
 
  明るい蛍光灯の光が体を包んでくれる。
  私は一番奥の洗濯機の上に洗濯カゴを乗せて、隣の洗濯機へ次々と洗濯物を放り込んだ。
チ…チチ……チキチ……チ…
  ふと蛍光灯の光を遮るモノがあり、私は素早く振り返った。
 
  そこに、あの女が居た
  赤いロングコートに、黒くて大きな帽子、鼻まで隠す大きなマスク。右手がコートのポケットに突っ込まれており、何かを握っているようだ。
「お……ま…え…」
  マスクの奥から、石でも擦り合わせているような声が聞こえる。
「そ…こに…ねろ…」
  私はじっと帽子の奥の目を見つめた。
「そ……こ…に……ねろ」
「い、いや」
  私は震える声でそう答えた。
  すると、その不気味な女の右手が一閃した。
  私は左頬に激痛を覚えて、思わずその場にしゃがみ込んだ。
「そ…こ…にねねね、ねろ」
  その声に、私は左頬を押さえたまま女を見上げた。
  女は、帽子とマスクを投げ捨てていた。
  そこにいたのは、男だった。
  奇妙に白目の大きな不気味な目をしており、黄色い歯が覗く口の周りには無精髭が生えている。
「や…や、やらせろ。いいい一発」
チキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチ…
  私は、恋人の胸に飛び込むように、男の胸に飛び込んだ。
  そして、一気に首を掻き切った。
  噴水のように血飛沫を上げる男を後に、私はコインランドリーを出た。
  左頬を見ると、皮がぶらりと下がっていた。
  また、新しい皮を見つけないと…

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー