髪の長い女

深夜、義則が愛車を走らせていると、髪の長い女性に呼び止められた。

女は人気のない路地に立っていて、義則の車が近づくと、ふわりと手を挙げたのだ。
その手につられるように、義則は車を止めていた。
近くでみると、異常に髪の毛の長い女だった。髪の先は腰の辺りまである。

「こんな時間にヒッチハイクですか?」
義則がそう声をかけると
「すいません、道に迷ってしまって……」
「分かる場所まで乗っていきますか?」
「いえ、道だけ教えていただければ大丈夫です」
「どこへ行きたいんですか?」
「花園墓地の近くなんです……」
「こ、こんな時間に墓地ですか……?」
「ええ、近くに知り合いが住んでまして」

 義則は薄気味悪さを感じたが、車から降りると、丁寧に道を教えた。
  女からは何故か土の臭いがした。

 道を教え終わった義則は、車に乗り込み、深々と頭を下げる女性を残して走り出した。

 と、窓の外を見ると、もの凄い形相で先ほどの女が走って、車についてきていた。
  長い髪を振り乱し、目をひんむいて、片手でバンバン!と窓を叩いてくる。
「うわっ!」
  義則は、女のあまりの形相に、一気にアクセルを噴かして、車の速度を上げた。

 
突然、
「ぎゃああああああああああああ!!!」

  と言う悲鳴が聞こえ、女は背後に見えなくなった。

 震える手でハンドルを握り、義則は家に帰り着いた。
  車のドアを開けると、バサリと音を立てて何かが足元に落ちた。
  見ると、長い髪の付いた肉片だった。
  義則は、女の髪の毛をドアに挟んで走っていたのだった。

 

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー