超高級カラオケ店

 ミキとサチ、キヨミの3人は、ナンパしてきた二人の男と一緒に車に乗っていた。

 二人の名前は、コージとリュウイチ
  名字は知らない。

「もう、海の近くじゃん。こんなとこにカラオケ店なんて、ホントにあんのかよ」
  とサチ。
「マジだって、超高級カラオケ店だぜ」
「聞いたことある? キヨミ」
「ない。でも、夜の海ってのも気持ち良さそうだし、別にいいじゃん」
「いやいやいや、マジだって、信じてよホント」

 車は2時間ほど走って、止まった。
  辺りは夜闇に沈んでいる
  カラオケ店どころか、店の一軒も見あたらない。
  明らかに、港近くの倉庫街だ。

「やばくね?」
とサチ。
「どっかに仲間隠してて、マワシってパターンはカンベンしてよ」
とキヨミ。

「そんなセコい奴に見える? 俺ってさ」
  そう言いながら、コージが車を倉庫の間へ進めた。

 そこにポツンと、コンテナが一つ置いてあった。

「さ、着いたよ」
「え、ここ?」 
「そそ」

 車を下りたリュウイチが、コンテナの扉を開けた。
  中は綺麗な内装のされた、カラオケボックスになっていた。

「うわ、コンテナ使ったカラオケボックスって、今どき…」
「ここが、最高なんだって。ほら、入って入って」

 怪しみながらも、サチ・ミキ・キヨミの3人はコンテナの中に入った。

「うわ、高っ!」
  思わずミキが声をあげた。
  部屋の壁に値段表がかかっていた。。

『1人・・・・・5万円
  2人・・・・・10万円
  3人・・・・・15万円
  それ以上は、相談に応じます。』

「こんな金払えんの? 私ら持ってないよ」 
  そう言いながら振り向いたミキ達の前で、コンテナの扉が閉められた。

 コンテナの外で、コージが外国人と話をしていた。
「3ニンダカラ、15マンエン、ネ」
「毎度あり」
  コージは札束をポケットに押し込んで、クレーンで船に積み込まれるコンテナを見送った。

 

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー