痛み

 

久美はとっさに電灯のスイッチに手を伸ばした。

途端、
「つけないで!」
  という、有紀の声が、部屋の奥で聞こえた。
  部屋の奥の暗闇に、モゾモゾと動く気配がする。

「有紀?」
「…話を…話を聞いて。電気を点けるのはそれからにして」
「う、うん」

「最初は、ちょっとした痛みだったの。

 朝、起きた有紀は、背中の真ん中あたりが微かに痛むのに気づいた。
  ピリピリとした、ほんのちょっとの痛み

  背中に手を回してみるが、指先には何も触れなかった。

「どうした?」

  ベッドの隣りに寝ていた健二が声をかけてくる。

「うん、ちょっと背中が痛くて」
「どれ?…別になんともなってないけど?」
「うん、たいした痛みじゃないから」

 しかし、痛みは徐々に移動していった。
  最初は中央だった痛みが、ある日は腰の辺りが痛くなり、ある日は首の付け根辺りが痛くなった。
  なんとなく背中一面が痛くなる日もあった。
  そのたびに、健二に裸の背中を見せるのだが
「別に、赤くもなってないけど?」
  という返事が返ってくるだけだった。

 その頃からだった。
  周りの視線が変化しているのに気づいた。

  薄着をして、背中が空いた服を着ると、周囲の視線が恐ろしいモノを見るような目に変わるのだ。
  まるで、背中に大きな怪我を負っている人を見るような。
  こちらと目を合わせるのを避ける気配があった。

 ある日、有紀は手鏡を持って、部屋のユニットバスに入り、背中を見ようとした。

その途端、健二が飛び込んできた。
「おい!何してんだ!」
「え?な、何って、背中を見ようかと思って」
「なんともないって言ってんだろ!」
「なに怒ってんのよ!私の背中に何があるの?」


  健二は、有紀の手からをもぎ取った。
  そして、ひとつ大きな溜息をつくと、静かに言った。

「わかった。教えるよ」
「な、なんなの?」
「とりあえず、落ち着けよ。コーヒーでも淹れるから。話はそれからだ」
「う、うん」

「そのコーヒーにね、睡眠薬が入ってたの」
  暗闇から、有紀の震える声が聞こえた。

「健二はね…。あの男は…変質者だった……
  押し殺すような泣き声。
「電気…点けていいよ」
  何かを思いきった有紀の声に、久美は部屋の電気を点けた。

 部屋の奥、ベッドの上に有紀がうずくまっていた。
  その手足には無数の青い蛇がウネウネと巻き付き、真っ赤な舌が体中を舐め回している。
  は顔も覆い尽くし、髪の毛の中にまで這い回っていた。

 有紀の全身は、入れ墨で覆われていたのだった。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー