忌みの日

 
その村には「忌みの日」という、因習があった。

 その日には、百鬼夜行が道を往来するから、決して外に出てはいけないし、外を覗いていけないのだ

 ある年の「忌みの日」
  村の男が、一度、百鬼夜行を覗いてやろうと企んでいた。
  2、3日前から、家族にも気づかれないように壁に穴を開け、こっそりと外を覗いてやろうと考えた。

忌みの日、夜。

 男はさっそく、覗き穴から外を覗き見た。


  すると、穴の向こうからも、目玉が覗き込んでいた。

 男は悲鳴をあげたまま倒れ込み、そのまま病気になってしまい、3日後には死んでしまったという。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー