一人暮らし

 深夜。
  篠岡朋子は急いでアパートにたどり着くと、ポケットから鍵を探し出した。
  一人暮らしの彼女には、帰宅時はいつも恐れていた。
  夜道、独りぼっちの部屋、どれもが彼女の恐怖感を増幅させた。

 素早く鍵穴に鍵を差し込み、ひねる。
  ドアを開くと、ガツンという衝撃が起こった。
  ドアチェーンがかかっている。
 
  一瞬、意味が分からなく、呆然としたあと、朋子は慌てて逃げ出した。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー