左刃十丁

 その辺り一帯には、子を思う母親の妄執のようなモノが漂っているようだった。
  電信柱一本一本に、コピーされた紙と、それを雨から守るビニールが貼られていた。

夏川亜希 5歳
  2009年2月15日から行方不明になっています。
  失踪当時の服装は、青いオーバーオールに赤と白の縞のシャツ。紺のズックを履いており、髪に赤い髪止めを付けていました。
  どんな情報でも構いません。下記の電話番号までお寄せください。
  お願いいたします。 夏川美希』

 その紙には、可愛らしい女の子の写真が添付されており、文章の最後には電話番号が書かれてあった。すでに、失踪してから3カ月が経ち、その紙も徐々に色あせ、滲んできていた。
      

 西川俊彦は奇妙な風景を目にしていた。
  空から何かが降ってくる。
  ひらひらと揺れるところは紙のようだが、何故、そんなモノが空から降ってくるのか。いや、確かにこの辺りには高層マンションが立ち並び、紙片の一枚くらい落ちて来ても不思議はないのかもしれない。
  そうは思いながらも、西川はひらひらと舞い落ちてくる紙片を目で追った。
  紙片は風に煽られながら、アスファルト路へと落ちた。
  どこかのホームセンターのチラシを短冊状に切り抜いたモノのようだ。『大安売り』の文字が赤く書かれている。
  ふと、何気なく西川はその紙片を拾ってみた。
  何のことはない、ただのゴミだ。しかし、何か心にひっかかるものがあった。
  拾ってみると、間違いなくチラシの切り抜きだった。そして、ふと紙を裏返してみた。
そこには、どこかゾッとするような奇妙な文字が書かれていた。

『左刃十丁』

 ひどく崩した文字で、判読が難しいが、西川にはそう読めた。
  一体、どういう意味なのだろうか。
  『刃』という文字と、『十丁』という文字が妙に恐怖をそそる
  ふと、気付くと、辺りのアスファルト路に何枚か同じような紙切れが落ちている。何枚か拾ってみると、すべてに『左刃十丁』という崩れた文字が書かれている。
  なにかの護符だろうか?
  いや、それにしては横書きというのが奇妙だ。
  しかも、かなり文字が乱れており『刃』の文字がバラバラになっていたり、『丁』の文字が『乙』に見えるモノまであった。
  気味が悪い…
  西川は、汚らしいモノに触れたように紙片を投げ捨てると、さっさと駅の方へと歩き去った。

5月7日。
  残念な事に、失踪していた夏川亜希ちゃんは死体となって発見された。
  あの奇妙な紙片が落ちていた近くの、高層マンションの一室に監禁されていたのだ。
  犯人は40歳の独り暮らしの男で、毎日のように亜希ちゃんに乱暴を働き、結果泣き止まない亜希ちゃんの首を絞めて殺したのだった。
 
「可哀相に……」
  西川俊彦はリビングでテレビを見ながら、泣き叫ぶ亜希ちゃんの母親の姿を見ていた。
  あの近くならば、よく通る場所だ。気付いてあげていたら………
  テレビからはアナウンサーの声が流れてくる。
『亜希ちゃんは、こうやって必死に外に助けを求めたのです』
  そして、画面には、あの奇妙な紙片が映し出された。
『左刃十丁』
「え?」 
  西川は唖然として、テレビを見つめた。
  画面には何枚もの紙片が映し出されていた。
『左刃十丁』
『左刃十乙』
『T=メ|十て』
『た〆I十乙』

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー