コンビニエンスストーカー

 
午後九時を過ぎると、街は静まり返り、闇の中に沈んでいた。
  その中に、ぽっかりと浮かんでいるのが、一軒のコンビニエンスストアだ。

 コンビニの大きなガラス壁は、まるでショウウィンドウのように、中の風景を透かしている。
  雑誌のコーナーに、スーツ姿の男とロングヘアーの女が立っていた。

 宮原由香里は、ふと雑誌から顔を上げた。


  何か大きな物音がしたのだ。


  どうやら、レジの方向から聞こえたようだ。

 彼女は振り返って、レジの店員を見た。
  向こうもこちらを見ていたらしく、目が合う

 店員は二十代後半くらいの男性で、こちらを物凄い目つきで睨んでいる。
  まるで、殺人者の目だった。

 由香里は怖くなり、店員から目を反らすと、隣で立ち読みをしている男性を見た。
  三十代くらいのサラリーマン風の男。
  男は何事も無いかのように、平然と雑誌に目を落としている。

 いや、実際、何も起きてはいないのだ。
  ただ、店員と目が合っただけ・・・・
  由香里は気を取り直して、もう一度店員の方を見た。
 
  やはり、恐ろしい目つきでこちらを見つめている。


  右手には、何故かボールペンを握りしめ、指の関節が白くなるほど力を入れている。

 帰ろう・・
  由香里はそう思い、店を出ようと出口へ向かった。。
  その時だった。

「ちょっと、あんた」
  店員が声を掛けて来た。
  かすれた声だ。

「は、はい」
  由香里は思わず返事をした。
「あんた、今、何か隠したろ?」

「え?」
「今、あんた、バッグに何か隠したろ?」
「い、いえ、何も隠してません」
「嘘言えよ。オレ、見たんだよ」
「何も隠してません! 本当です」
「ウチは万引きは、即、警察呼ぶことになってるんだよね」
「本当に何も盗ってません。信じて下さい!」
「信じるも何も、オレ、見たんだよ」
「じゃあ、バッグの中、調べて下さい」
「ああ、そのつもりだよ。ほら、こっち来て」

 由香里は、店員に言われるまま、カウンター奥の事務所のドアをくぐった。
  事務所は狭く、机とイス、3台の監視モニター、でいっぱいだった。

 由香里はイスに座らされ、店員は逃げ道を塞ぐように、ドアの前に立った。
  そして・・・・・カチリと音がなった。
  見ると、店員がドアに鍵をかけたのだった。
  これで、いくら助けを呼んでも、誰も入って来れなくなった。

「何故、鍵をかけるんですか!」
「それより、バッグの中を見せろよ」

 由香里は更に反論しようとしたが、店員の形相に怖くなって、大人しく従うことにした。

 バッグの中身を机の上に出していく。
  ティッシュ、携帯電話、アドレス帳、ハンカチ、口紅やファンデーションの入ったポーチ・・・・
 
  次々とバッグの中身を出しながら、由香里は店員に視線を走らせた。
  店員はバッグの中身などには興味が無いらしく、先ほどから監視モニターの一台を凝視している。

 そのモニターには、唯一の客である雑誌コーナーのサラリーマンが映っていた。
  サラリーマンは誰も居ないレジをしばらく見ていたが、諦めたように店を出ていった。
 
  これで、店員と由香里の二人だけになった

「ようやく帰ったな・・・」
  店員はそう言い、モニターの下にあるビデオデッキのボタンを押した。
  3台の監視モニターが一斉に消える。
 
「な、なにをするんです!」
  由香里は震える声で言った。

 店員はビデオデッキのボタンを幾つか押してから、振り返った。
「このビデオを見て下さい」

 ビデオが再生された。
  5分ほど前の、店内の映像だ。
  雑誌の棚が映っており、由香里の立ち読みをしている姿が見える。

 そして、その背後に、ナイフを振り上げたサラリーマン風の男が立っていた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー