4つ葉のクローバー

「先生、ほら」
  早紀を見上げるようにして、拓也君が手を差し出してきた。
  その手には、小さな葉を付けた草が一本握られていた。
「なあに? これ」
「4つ葉のクローバーだよ」
  よく見ると確かにクローバーだった。しかも、本当に葉が4つ。
「本当だ。凄いじゃない、きっと良い事があるわよ」
  拓也君は誇らしげに笑った。
「たーくさんあるんだよ。秘密の場所を知ってるんだ」
「へー、じゃあ、みんなで行ってみようか」
「うん!」

 という事で、木崎小学校の1年3組は課外授業として、4つ葉のクローバー探しにやって来たのだった。
  場所は、街を抜けた海沿いにある山間の野原。
  バスを降りた児童たちは我先に野原に走って行って、4つ葉のクローバーを探しに散って行った。

 少し休憩ね。
  早紀は野原を駆け回る児童たちを眺めながら、野原の一画に腰を下ろした。
  その途端だった。
「先生、ほら、4つ葉のクローバー!」
  美智子ちゃんが4つ葉のクローバーを持って走ってきた。
「凄い、あっと言う間に見つけたのね」
「うん、いっぱいあるのよ」
「へー、じゃあ、4つ葉のクローバーばっかりで冠も作れるかも」
「うん、作る!」

  そう言って美智子ちゃんは走り去って行った。
  その直後、今度は浩二君が走ってきた。
「ほら、こんなに4つ葉のクローバー」
「へー凄いじゃない」
「先生、ボクのも見て、ほら4つ葉のクローバーばっかりだよ」

  洋平君が両手に大量のクローバーを持って来た。確かに、どれも4つ葉のクローバーだ。でも、こんなにすぐに、こんなにたくさん見つかるものだったろうか…
 
「先生、5つ葉があったよ」
  早苗ちゃんが10本ほどのクローバーを持って来た。
「まさか、そんなに?」
  見せてもらうと、全部5つ葉のクローバーだった。

「先生、6つ葉のクローバー」
「ボクなんて、7つ葉だよ」
「わたし、8つ葉」
「9つあるよ」
「10!」
  次々と児童たちがたくさんの葉をつけたクローバーを見つけてきた。10の葉を持つクローバーは茎がねじれ、その茎に螺旋を描くように葉が付いていた。
  こんな…
  早紀はすぐに自分の座っている周りを見た。全部だ。全部4つ葉のクローバーだった。

「あっちに行けば、たくさんの葉が付いてるのがあるんだ」
  翼君が指差す方向へ歩きながら、早紀は足元のクローバーを見て行った。
  4つ葉の群生を過ぎると、徐々に5つ葉、6つ葉、7つ葉と増えていく。
  10を過ぎる頃には、野原の様子も変わってくる。どのクローバーも捩れ、地面に貼り付くように倒れ、のたうち回るような姿を晒している。
  さらに歩くと、11、12、13、とどんどんクローバーの葉が増えていき、もはやクローバーの様相とは違ってきていた。
  潰れたムカデのようだ。
  茎がウネウネと伸び、その両端に葉が並んでいる。触るのすら躊躇わせる、不気味な姿だった。

「先生、ほら、葉っぱが21枚のやつ」
  その声に、足元から顔を上げた早紀の目に、不気味なクローバーを持つ児童の姿が目に入った。その児童の向こう、山間に建っているあの巨大な建造物。
  原子力発電所がその姿を晒していた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー