チケット

 
美枝はハンドバッグの中から、得意気に封筒を取り出して見せた。
「何それ」
  隣を歩いている真紀が、問いかける。
「へへーん」
  美枝は封筒の中から、チケットを取りだして見せた。

 超有名アーティストのライブチケットだ。
  入手困難のプラチナチケットで、ネットオークションでは20万円の高値が付いたとも聞く。

「うわ、凄いじゃん。買ったの?」
「ううん、拾ったの」
「まさかぁ」
「家の前にさ、ポトッてあったんだ」
「マジ?ラッキーじゃん」
「でしょ?」
「でも、日曜日でしょ?バイトは?」
「うーん、休めないかと思うんだけど…」

 日曜日。
  ファミリーレストランのウエイトレスのバイトをしていた美枝は、なんとか店長に頼んではみたが、休むことは出来なかった。
  なんとか早退できるように頼み込んで、ライブ会場に着いた時には、すでにライブは終わっていた。

「あーあ…」
  美枝は、紙くずと化したチケットを手に、なんとなく会場に入ってみた。
  受付の女性が不思議そうな顔で、美枝のチケットの半分をちぎり取った。

 受付から廊下を通って、会場に入る。
  ムッとするような残り香がするが、会場にはほとんど人は居なかった。

 美枝は、チケットを見て、自分が座るはずだった席を探して歩いた。
  会場の中程……
  と、そこに警備員が集まっていた。

 美枝がチケットを見ると、どうやらその警備員たちが注目している席が、美枝の席ようだった。

「どうしたんですか?」
  警備員にそう声をかけた美枝は、自分の座るべきはずだった席を見下ろした。

 美枝の座るはずだったシートは、ナイフか何かでずたずたに切り裂かれていた

 

トップページへ戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー