ベッド

「みひろ。っておい」
  木場真由美は、バッグ部屋の鍵を持ったまま、玄関口で崩れ落ちた。
  真由美の部屋は八畳の洋室で、真由美『人生の至福の時』と呼ぶ睡眠の時間にだけ、お金がかけられていた。
  玄関の右手には小さなキッチン。その奥にこれも小さな化粧台があって、あまりお金のかかっていない化粧品が並んでいる。
  左手には食器棚一つ。部屋の中央には座卓
  そして、部屋の奥にはベッドが鎮座している。さすがにシングルサイズではあるが、かなり無理をして高額の羽毛布団を購入してあり、枕もテンピュール製のモノだ。
  そこに、高坂みひろが横になって寝息を立てているのだ。

 ゆったりふかふかの羽毛布団を、胸までまくり上げて、ふかふかを二倍にしている!
  そのせいで、足先までは足りなくなったらしく、にょっきり布団から足首が出ている。
「おいおい、バイト終わりまで待っててとは言ったけどさぁ、そこで寝ろとは言ってないでしょ」
  しかし、あまりに気持ち良さそうな、みひろの寝顔に起こす気にもなれない。
  すやすやと聞こえる寝息。
  それを完全吸収してふかふかと微動だにしない羽毛布団。
  布団から飛び出した足首。
 かさかさのカカトが、不潔に見える!

 真由美はわざと大げさにため息をついて、バッグを投げ出した。
  震える……
  恐怖で声が震えてしまう…
  気付かれないように静かに息を吸い、平然を装って言葉を吐き出す。
「し、しょうがないな、私このまま梨子の家に行くから」
  声がどうしても震えてしまう。
  パニックになりそうな頭で、携帯を取り出すと、何事もないように『110』を押す。
『はい、110番です』
  女性の声が整然と聞こえる。
「あ、り、梨子、私」
  声がどうしても震えてしまう。しかし、その声の震えを察知してくれたのか、電話の向こうの婦人警官が話をしてくれる。
『なにかありましたか、言える範囲で』
「わたし…、わたし? まだ中野区の自分のアパートよ。そう、小出アパート」
『中野区の小出アパート、場所はわかりました。急行した方が良いですか?』
「う、うん、絶対そう思う…」
『分かりました。急行します』
「うん、ありがと」
『ところで、なにが起こってるのか、少しでも説明できませんか?』

 真由美は玄関に崩れ落ちたままの格好で、ベッドのみひろをもう一度見た。
  この距離なら、少しくらいささやき声で喋っても聞こえないだろう。
  真由美は意を決して、状況を説明した。
「わ、わたしのベッドに友達が仰向けで寝て、反対側から足が出ているんですが…」
『はい』
「出ている足のかかとの方が上なんです。これって別人の足ですよね」

 駆けつけた警官隊によって、布団の中の男は引きずり出された。
  その手には包丁が握られており、警官隊の拳銃を見るまで放そうとはしなかった。

 

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー