バラバラ

「はい、私が菊池ですが?」
「あ、どうも、港湾警察署の土門と言います」
「はあ…」
「三年前まで、先生が受け持っておられた『佐山啓吾』の事なんですが」
「でしょうね…」
「あれ? 心配じゃなさそうですね?」
「ああ…はい、教師としたら失格なんでしょうがね。でも、もういいんですよ。なんだか…疲れてしまって…」
「はあ、そんなものですか…」

「それで、何なんです?」
「彼が見つかりましたよ」
「へえ、見つかったんですか。どうです、元気にやってましたか?」
「いえ…死んでました」

「あ…そう…ですか…」

「さすがに、驚かれたようですね」
「え、ええ、そりゃあね。それで、何処で見つかったんです?」
『佐山啓吾』が見つかったのは、日本中です」
「日本中? 意味がわかりませんが?」
「いえ、冗談じゃないんです。彼は日本中で見つかってるんです…」
「…一体、どういう…」

「えーと、ちょっと待って下さいよ。今、メモを見ますから…お、あったあった。
  まず、右手人差し指が、北海道の朝日町近くのスキー場
  それから、同じく中指が、北海道札幌市のゴミ収集場
  同じく、小指が、北海道苫小牧市の海岸
  手のひらが、青森県八戸市の公園のごみ箱
  左手薬指が、秋田県八郎潟町の八郎潟
  左肩が、宮城県の岩沼市の竹駒神社近くの道ばた
  目玉が、じく宮城県の石巻港のゴミ捨て場
  それから、
が…」

「ちょ、ちょっと待って下さい! 彼は一体…」
バラバラです。ものの見事に。しかも、ご丁寧に日本中にばらまかれている…。史上空前の猟奇事件ですよ、これは」
「なんて事だ…」
「ま、そういうことなんで、またお話をお聞かせ願えたらと思いましてね」
「はい…解りました」

「随分とヒドイ生徒だったようですね、『佐山啓吾』という男は」
「ええ、そうですね…」
「転校が六回。全部、傷害事件を起こして退学になってる。うち一回は同級生の生徒を重体に…」
「ええ。ただ、それは起訴された事件だけです。他にも表面に出ていない事件を数多く起こしてますよ」
「ほう、何故、みなさん不起訴にしてしまうんでしょうか?」
「知ってるでしょう? 彼の親ですよ」
関東龍陣組の組長でしたね」
「ええ、典型的な<子供の喧嘩に首を突っ込む親>でしたね」
「と言うと?」
「何度も学校に来られましたよ、若い人たちを連れて」
「ほう」
「授業中に注意を受けたとか、呼び捨てにされたとか、そんな理由でね。ああ、ヒドイ時にはゴミ箱を片づけさせたというのもありましたね、はは」

「担任のあなたも、かなりヒドイ目に?」
「ええ、腕をお見せしますよ。ほら、ここ、二の腕の内側」
「なんですか? なにか黒い丸がいっぱい付いてますね」
「ちょうど30個あります。」
「なんですか、これ?」
「いわゆる根性焼きというヤツですよ。火のついたタバコを押しつけるんです」
「これを、『佐山啓吾』に?」
「ええ。彼が転校してきてから行方不明になる一ヶ月間、毎日やられました。ああ、転校初日だけは、さすがに大人しくしてましたがね」
「…抵抗はしなかったんですか?」
「ええ、もちろん、しませんよ。朝、学校に来たら、自分から袖を捲り上げて、彼の席まで行くんですよ

「そんな…、何故…」

「私には妻と娘がいますからね」
「でも…」
「転校初日に、もう私の妻の写真を持ってましたよ。」
「……」

「それで? 私のアリバイとかは聴かなくて良いんですか?」
「いえ、それは結構です。アリバイは完璧ですから」
「でも、ドラマとかでは、完璧なアリバイほど怪しいですからね」
「ははは、大丈夫です。あなたも生徒さんたちも、アリバイは立証されてます」
「そうですか。じゃあ、容疑者は?」
「ええ、恐らく龍陣組の対抗組織の者だと思うんですがね」
「なるほど」
「ところで、あの後、先生のクラスはどうなったんです? 悪魔のようなヤツが居なくなったんで、明るいクラスになったでしょうなあ」
「まあ、そうですね。無事、全員、卒業して行きましたよ」
「そうですか」
「あと聴くことがなければ、授業がありますので」
「あ、どうもたいへん失礼いたしました」

 

「ああ、もしもし、明石か? はは、先生だよ。
  うん、卒業前に作った緊急クラス連絡網の紙持ってるか?
  うん、そう、使わなくちゃいけなくなったよ。
  そうか、大切にとってあるか、ははは。
  おいおい、国語の教科書は捨てただろうな、が付いてるかも知れないからな。
  ん? あの授業を思い出す? 先生もだ。
  お前、悲鳴を消すために大声で朗読してくれたもんな。
  ははは、そうだろ、しばらくは喉が痛かったろ。
  うん、とにかくな、警察がかぎ回ってるみたいだから。
  みんなに注意するように回してくれ

 

 

トップページへ戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー