ボール遊び

 君川敦美は思わず文庫本から、顔をあげた。

 夕方の高瀬駅。
  斜陽がホームの屋根の下に入り込み、ホームに居る人々を影絵のように逆光に浮かび上がらせている数人の若者と、老人そしてボール遊びをしている母子
  母親が子供用の小さめのサッカーボールを転がすと、3、4歳くらいの男の子が蹴り返している。
  そのボールが時々、大きく飛び上がるので、敦美はぶつけられるんじゃないかと気が気ではない。
  もう…、ホームでボール遊びするのは注意しないのかしら。
  駅員の方を見るが、注意するどころか、にこやかに母子を見ている。

 敦美MP3プレイヤーのボリュームをあげた。
  少し痛いくらいの音量がイヤホンから入ってくるが、外界を締め出すにはこれくらいがちょうどいい。
  そして、ホームのベンチに座った状態で、文庫本に視線を落とせば、もう、わずらわしい事も忘れられる。
 
  3ページも読み進めたくらいに、電車が入って来たのが分かる。
  風が体にぶつかってきて、夕方の光線がさえぎられる。
  しかし、これは『回送』車両だというのを知っているので、軽く視線をあげただけで、すぐに本に目を戻した。
  その瞬間、回送車両にぶつかったボールが足元に転がって来たのが見えた。
 

  ほら、まったく! もう!

  敦美は右足で転がってきたボールを押さえると、ボールを踏んだまま立ち上がった。
  耳からイヤホンを外して、母子を睨み付ける。
  母子は、白線の近くにいた。子供が倒れ、母親が悲鳴を上げている。子供の体の下には、血の染みが広がっている。
  そして、その横にはサッカーボールが転がっていた。

 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー