アルバム

隆一は天ぷらを食べ終わると、箸を置いた。

「もういいだろ?」

台所から加奈子の声が聞こえる。
「待って」
「いくら待っても、もう俺たちの仲は終わりだから」
「お願い、待って!」

台所から加奈子が走ってきた。
「二人の思い出を見て欲しいの。それで…それで…もし、改心してくれたら…」
「俺はお前との仲を考え直す事はない」
「じゃあ、思い出のアルバムだけでも!」

加奈子は、クローゼットの引き出しからアルバムを出してきた。

隆一はため息を一つ吐いてから、渋々とアルバムを開いた。
  隆一と加奈子の出会ったばかりの写真が並んでいる。
次のページをめくると、
  隆一と加奈子のデートの時の写真が。
次のページをめくると。
  初めての夜の写真が。
そう言えば、加奈子はいつでもカメラを持っていた。
次のページをめくると。
  デートの写真が次々と出てきた。
次のページも。次のページも。
 
  そして、突然、無数のゴキブリの写真が出てきた。
「うわ!」
  隆一はアルバムを閉じようとした。その手を、加奈子が止める。
「次。次をめくって」
  隆一は、「このアルバムさえ終われば、この女と別れられる」という思いで、次のページをめくった。
 
  皿の上で潰されるゴキブリの群。

「次、次」

 次のページをめくる。
  ドロドロになったゴキブリのペースト。

 次のページをめくる。
  ゴキブリのペーストに混ぜられるニンジンとタマネギ。


  最後のページ。
  そこには、ゴキブリのペーストで作れられた天ぷらが揚げられていた。

 隆一は激しく嘔吐した。
  その横で、加奈子が爆笑していた。


 

トップページへ戻る

 

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー